行政書士の資格は

行政書士の資格を取得

行政書士の資格の需要

弁護士や司法書士よりも資格取得者の多い行政書士ですが、少なくとも需要は減りません。その仕事の内容が官公庁向けですから、官公庁の書類手続きがなくならない限り減ることはありません。「会社設立」「遺言書」「外国人労働者のビザ」「契約書」など、1万種以上の書類作成の仕事があります。需要は多くあっても、稼ぐ人とそうでない人があります。それは、専門分野を持つか持たないかということが大きな要因になっています。他の職業でも同じように専門分野に特化することで、経験や実績を積み上げ、顧客を取り込むことができます。「相続遺言書」「外国人労働者」など、すでに参入している人も多いですが、これからますます増加が見込まれる分野でもあります。資格を持って仕事をするのであれば、道を切り開いていくことも必要です。

行政書士試験の内容は

行政書士資格試験の内容は実に多岐にわたります。憲法や民法、行政不服審査法、行政事件訴訟法などの法律絡みの出題はもちろん、一般知識も問われます。一般とは言え中身はかなり難解で、ここに苦労をする受験者は多いです。法律系の問題が満点でも、一般知識で一定の得点が得られなければ不合格というシステムがあり、疎かにはできません。毎年出題される個人情報保護法や、文章理解など対策しやすいところで得点を重ねる必要があります。行政書士の資格を取得し、活躍するためには、法律だけではなく、広い知識が必要とされるということです。

↑PAGE TOP